毒親の影響で岡山でカウンセリングを受けたいと思っておられる方へ

2020年8月26日

ジョイカウンセリングスクールでは、毒親の元で育った方向けに心理カウンセリングを行っております。

幼少期に親からの愛情が不足していると、どうしても自己肯定感は低くなります。

また、その環境で何とか生活するために感情を抑え込まざるを得なかったり、その時に無意識に身に付けた習慣や考え方が、今の生きにくさを作っているケースが多いです。

恨みや怒りや悲しみも、人であれば湧いてくる自然な感情です。

毒親の元で育ってきていても、大人になってからでも、適切にケアしていく事で生きやすさを作れます。

毒親だった場合の影響

↓のような親だった場合、マイナスの影響が強いです。

  • 親から虐待を受けていた
  • 父親が母親に対してDVを行っていた
  • 親のグチの聞き役だった、親を助ける事が多かった
  • 過保護、過干渉で自分で選ぶ機会が少なかった

特に家庭内暴力があると強い苦しさや怒り、恨みなどの感情がわいてきますが、子供の時にまともにそれを感じていたら生活出来なくなってしまいます。(家から出ても行き場が無い)

ですので、無意識のうちにそういった感情を抑え込んで、感じないようにする事で何とか生き延びる術を身に付けておられる方が多いです。

大人になってからもそれを無意識のうちに続けた場合、自分の中の怒りや悲しみ、苦しみはどんどん溜まっていきます

その結果限界を超えると、うつや過呼吸、胸の動悸など症状となって現れる場合もあります。

改善方法

改善方法としては、まずは本音の部分、本当に感じている事を見ていく事です。

感じないようにする心のクセは、それまでは自分自身を守るために行っていた事ですが、大人になってからもそれを続けると、限界を超えると心や身体にもダメージを与えます。

感情を出せるようにするには、1人ではやりにくい場合も多いです。是非心理カウンセリングをご活用下さい。一生使える楽な生き方が出来るよう、サポートします。

子供なのに親を助ける機会が多かった場合

暴力は無くても、幼少期に親のグチの聞き役でなかなか親に甘えられなかった場合、無意識のうちに

役に立たなければならない

という価値観が根付く場合があります。

一見何の問題もなさそうですが、無意識に自分よりも他人を優先してしまうため、

  • 自分はどう思っているか、どう感じているか
  • 自分は何がしたいのか

がおざなりになり、自分の意見を言えなくなったり、頼み事をされると断れず、仕事を抱えてしまう傾向があります。

過労にも繋がりますし、何よりも自己理解が弱くなります。

ジョイカウンセリングスクールでは、心の深い部分を知るための様々な心理療法を実施しています。(絵画療法、箱庭療法など)

人に頼るのが苦手な部分、1人で抱え込みやすい点を改善する、自己理解を深める方法としてお気軽にカウンセリングをご活用下さい。

親から一旦離れるのがお勧めです

毒親と無理に関わる必要は無いです。

親には感謝すべき、親は大切にすべきという価値観が浸透していますが、親の影響で自己否定感が強いと、そんな気持ちが出てこなくて当然です。

親から言って欲しかった言葉がもらえなかったり、やって欲しかった事をしてもらえなくても、大人になってからでも自己肯定感を高める事ができます。

カウンセリングの詳細を見てみる

動画でも解説してますので、ご参考下さい。

YouTube始めました

心理学関係の役立つ情報をお届けします。

ユーチューブはこちら


-活用方法

Copyright © ジョイカウンセリングスクール , All Rights Reserved.