岡山実践心理ブログ

カウンセリング・心理学等の役立つ情報、スクールの様子をお届けします

設置は5分!箱庭療法のグッズをすべて持ち運ぶとこうなります

 

箱庭療法の箱と砂、グッズがまとめられている写真

箱庭療法をご存知の方はきっと、箱庭グッズをすべて持ち運ぶのは大変だろうな~と感じておられる事と思います。

砂はもちろん、グッズとなる人形、砂箱は最低限必要です。どれもかさばって重いイメージです。

箱庭を持ち運ぶ?それを簡易化するために、雑誌の切り抜きを用紙に貼り付けるコラージュ療法が考えられたんでしょ!というツッコミもあるかもしれませんが、私自身すでに20回以上すべての箱庭グッズを移動させています。やってみると結構簡単にすべて移動させることができますので、この記事ではそれを紹介します。

箱庭用の小さな箱も売られていますが、持ち運ぶのはもちろん国際規格サイズ(横:72cm × 縦57cm ×高さ 7cm)の箱です。

箱庭グッズと砂の収納方法

私の場合は、箱庭グッズは厳選したものを↓の丈夫な紙箱に入れ、これを自転車の荷台に固定させています。

砂袋に入っている砂と、箱にまとめられている箱庭グッズ

砂は↑の写真のように大きなビニール袋を二重にしています。砂だけで3.5kg。砂は、46リットルサイズの登山用ザックに入れて背負っています。

実は私自身学生の時は山岳部で、40kg近い砂を背負って1日山を歩くようなトレーニングをしていたことがあるので、3.5kgのハードルはすごく低いのです。実際持ってみるとそんなに苦になる重さではありません。

実際に持ち運ぶ方法

あとはシンプルに、箱庭の箱を自転車のハンドルの上に乗せて自転車を押してます。私の場合は、持ち運ぶ距離が約10分と近く、歩道がしっかりしているのでなんとかなってます。正直力技です。

自転車を使わない場合は、↓のようなカートを利用するのが良いと思います。

設置時間は5分で完了

砂が入れられた箱

現地に到着したら、箱に砂を入れ、グッズを並べるだけです。

箱庭療法の人形がテーブルに並べられている写真

慣れると5分程度で完了します。

その他のグッズ

ポータブルスピーカーの写真

私は音楽が欲しいので、ポータブルスピーカーとMP3ミュージックプレイヤーを使っています。最近はスピーカーも軽くて音質の良いものが売られていてありがたいです。写真のスピーカーは390g。

箱庭グッズは砂のせいもあって一見持ち運ぶと重そうなイメージがあると思いますが、実際にやってみるとそれほど大変ではありません。

コラージュ療法にはコラージュ療法の良さがありますが、箱庭療法にはやっぱり箱庭療法でしか作れない良さがあります。

関連する記事:私が過去失恋後に作った箱庭療法の作品とその効果

-箱庭療法