岡山実践心理ブログ

カウンセリング・心理学等の役立つ情報、スクールの様子をお届けします

絵画療法とは|実施方法、分析のポイント2つ

 2016年11月8日  

絵画療法実施風景

絵画療法とは、絵を通して心の深い部分を見つめてもらい、気持ちをクリアにしたり、自分自身を好きになってもらうための心理療法です。

他の芸術療法と比較しての大きなメリットは、用紙とクレヨンさえあれば簡単に実施出来る点です。用紙のサイズはA4サイズが大きすぎず、小さすぎずで適切です。描くものは鉛筆・色鉛筆でも可能ですが、クレヨンがベストです。理由については後述します。

どんな絵を描くの?|描く絵の種類

幅広く使われているのは、テーマを決めたものと、自由画です。

テーマを決めたもの

テーマを決めた絵画療法として、バウムテストがあります。木の絵を描いてもらい、そこから分析・会話していきます。

他には「マイナスの感情」や、「嫌いなもの」、「過去の苦しかった体験」というテーマで描いてもらう事もありますが、これはカウンセリング中に行うことが多いです。というのも、絵画療法の特徴として、言葉にしにくい・言葉に出来ない思いや感情でも、絵や色で表現できるという所があるからです。

絵画療法の良いところは、描いただけでスッキリできる・感情の浄化作用があるという点です。ただ、上記のような苦しい体験は1人ではなかなかやりづらいので、カウンセラー同席の元でやるのがお勧めです。

テーマを特に絞らない絵画療法は、自由画と呼ばれます。

自由画

「心の形」をテーマとして自由に描いてもらいます。

ポイントとしては、本当になんでも良い事(幾何学的なものでも線だけでも)と、上手い下手は関係ない事です。描く方に先にお伝えしておくと良いです。絵が上手くかけない事を気にされる方は多いです。

自由画の大きなメリットとして、無意識で感じている心のキーワードを見つけられるという点があります。ケースを通して解説します。

自由画のケース、分析の仕方

↓の絵は、筆者自身が心理カウンセラーの研修生時代に、トレーニングに参加した時に描いた絵です。

研修生同士でクライアント役とカウンセラー役に分かれてのトレーニングだったのですが、当時心が弱っていた私は真っ先にクライアント役を申し出ました。

絵画療法作品

この絵を見ただけだと、???と感じられると思います。まずは研修生同士で会話をしました。その一部を紹介します。

右の赤い部分はどんなイメージですか?

アルバイトで一生懸命頑張ってるイメージです。

真ん中の青や水色のあたりは?

最近夕焼けのグラデーションが特に気になるんですが、そのイメージです。

下の黒と紫の部分はどんなイメージですか?

ちょっと疲れが溜まってたり、先のことが不安でよく見えないイメージ。

これだけでも今の自分が少し客観的に見えてきました。(※実際は傾聴・オウム返しされながらなので、その部分は省略してます。)

この後、担当のトレーナーと少し会話したのですが、トレーナーから

「この絵のどんなところが一番気になりますか?」

と聞かれたんですね。改めて自分が描いた絵をじっくりと見てみると、意識せずそれぞれのパーツをハッキリクッキリと区切ってましたが、少しだけ色が混じり合っているところがあります。絵の右下のほうです。

右下のほんの一部分だけ、水色と白色が混じり合ってます。もちろん全くの無意識でそうなっているのですが、改めて見てみるとここが一番気になったんですね。

絵の中で色が唯一混じり合っている所の拡大図

すると私の事をよく理解してくれていた担当のトレーナーは、私にこんな言葉をかけてくれました。

混じり合うという事は、どっちつかずの井上くん(著者)がいてもいいと思うよ。その方が周りの人も楽だと思う。

こう言われて、トレーニングだったのですが私は涙してました。というのも、当時まさにどっちつかずで、どちらにも決め切れない状態だったんですね。

何と何で決め切れなかったのかというと、このままカウンセラーになるのを諦めず、トレーニングを続けるのか、それとも辞めて実家の岡山に帰るべきか、どちらも選べませんでした。本当にプロのカウンセラーになるかどうか、とても迷っていたんですね。

というのも、カウンセリングトレーニングに出ると、どうしても「上手くやれない自分」と向き合わざるをえず、苦しい。かといって、辞めて実家の岡山に戻るのも情けなく辞めづらい。そんな状況で、カウンセラー養成スクールには通えず、バイトのみ淡々とこなす毎日でした。

そう過ごしながら、こんなんじゃ駄目だ、やるかやらないかどっちかに決めないといけないと思いがずっと頭の中にあったんですね。

それが「どっちつかずの井上くんがいてもいいと思うよ」と言われたことで、迷ったり、不安に思う自分を駄目だと思うのではなく、許容出来るようになったと感じます。

絵画療法ではこんな風に、無意識で感じている心のキーワードを発見できます。当時の私が無意識で感じていた心のキーワードは、「混じり合う=どっちつかずの自分(を受け入れる)」という点でした。

きっとそれを受け入れる前は、どっちつかずの周りの人・他人に対しても厳しかったんだろうな・・・と思います。

分析のポイント

黒は休息・都会性を表す、紫は不安を表すといった心理学・統計学的な分析の観点も役には立ちますが、それよりも大事なのは、「ぱっと見た絵のイメージ・印象」です。そこを汲み取った上で、会話で深めていくのが一番です。それが相談者、カウンセラー双方にとって最も納得感があります。

心理学的な観点だけで分析して、例えば「青=水はユング心理学的には無意識を表すので、それが多く描かれているということは、ご自身の無意識の部分と向き合っておられると思います」という感じだと、「そうですか」で終わります。

肯定感を感じられる分析

絵画療法は心理カウンセリングで使うものでもあるので、最終的には描いた人に元気になってもらう、絵を通して自分の事を好きになってもらうのが目的です。

最後の言葉かけが否定的な分析の観点からだと気落ちします。例えば上記の絵に対して、

「それぞれ区切って明確に描かれてるけれど、全体として形になってないですね。次回もう少し形にしていきましょう」

等と言われると傷つきます。

伝えるのであれば、

ご自身の様々な気持ちをちゃんと整理して明確にしておられますよね。絵の右側は心の外的な部分(社会や外に対して表している部分)が表れやすいです。ご自身の疲れや不安をちゃんと整理して受け止めながらも、アルバイトではそれを見せずエネルギッシュに赤のイメージで取り組んでて素敵です。

の方が元気になれます。

筆圧について

絵画療法で筆圧から感じられるモノはとても大きいです。色鉛筆や鉛筆で描いてもらってもよいのですが、クレヨンのほうが圧倒的に筆圧がわかりやすいです。

筆圧が強いかそうでないかは、感情のエネルギーが強く現れているか、そうでないかとほぼ比例します。心と向き合っている・内面をしっかりと見ている時には筆圧は強くなる事が多いですし、反対にあまり心と向き合っていない状態だと筆圧は薄くなることが多いです。

筆圧が強い・弱いで良い悪いはありません。絵を通して心の状態をキャッチしていくのに役立ちます。

まとめ

自分自身に興味の無い人はいないと思いますが、絵画療法の良いところは、何気なく描いた絵から心の深い部分を知ることが出来る点です。

使えるようになるためには、まずは体験して良さを実感する事と、数をこなすのが一番です。

関連記事
アートセラピーの3つの効果

-絵画療法