岡山実践心理ブログ

カウンセリング・心理学等の役立つ情報、スクールの様子をお届けします

簡単にできる風邪のひきはじめのアロマ対策

 2014年11月4日  

風邪のひきはじめのアロマ対策

熱が出たり、喉が痛くなったり、体がしんどくなったり、風邪をひくと苦しいです。

風邪のひきはじめにきっちりと対応することで、風邪をこじらせずにすみます。仕事や家事も休まずにすみます。

市販の風邪薬もよいのですが、薬アレルギーを持っておられる方もおられるのではと思います。私自身も幼い頃に薬アレルギーでしたので、薬は好きではありません。市販の薬は飲んだ後にどうしても眠くなるというデメリットもあります。

今回は薬を使わず、アロマオイルを使った風邪のひきはじめに効果的な方法を紹介します。私はこの方法で過去何度も風邪のひきはじめで留まることが出来ました。

風邪のひきはじめに効果的なアロマオイル

「ユーカリ・グロブルス」がおすすめです。

「ユーカリ・ラディアータ」という少しグロブルスよりも刺激がソフトな種類もあります。香りとしてはグロブルスのほうがスッキリ感がありますし、個人的にもグロブルスの香りのほうが好きです。

アロマの成分的にはどちらも風邪のひきはじめに効果的ですので、テスターで香りを試せる場合は「ユーカリ・グロブルス」「ユーカリ・ラディアータ」お好きなほうを使用して頂いて大丈夫です。

かぜ対策のための効果的なアロマオイルの使い方

風邪のひきはじめに効果的なアロマ-お湯
やり方はとにかく簡単です。

  1. マグカップ一杯のお湯(200ml程度)を沸かす。
  2. 湧いたお湯をマグカップに入れる。
  3. カップの中にユーカリオイルを、2、3滴入れる。
  4. カップからの蒸気を20cmほど離して吸う。(お湯を飲むのではなく、蒸気を鼻と口からすいます)

スッとする感覚
が半端ではありません。

風邪のひきはじめに効果的な理由

ユーカリには、抗カタル作用という体の中の余計な水分を排出してくれる働きがあります。そして抗ウィルス作用、殺菌消毒作用もあるので細菌の増殖を防いでくれます。薬のように副作用もありません。ありがたや。

アロマポットなどで香りを楽しむよりは、この方法で蒸気を吸入すると効率がとても良いです。

注意点

精油(エッセンシャルオイル、100%自然のもの)を使うこと

自然の中からとれた精油であれば、アロマオイルに抗ウィルス作用、殺菌消毒作用があります。

100均のアロマオイルの成分は、主に界面活性剤・エタノール・香料ですので、風邪に効く成分がありません。ご注意下さい。

使うオイルは2、3滴にすること

オイルが多すぎると刺激が強いです。2、3滴が適量です。23滴ではなく、2滴か3滴です。

ユーカリオイルを入れたカップの水は早めに捨てること

カップにユーカリオイルを垂らして2、3分で香りはほぼ揮発して無くなると思います。揮発していますが、ユーカリは刺激の強いオイルでもありますので、間違えてカップのお湯を飲まないように意識的に早めに捨てることをおすすめします。

まとめ

お湯とマグカップとユーカリオイルだけでできる簡単な風邪対策の方法ですので、ちょっと風邪ひいたかな?と思ったときに是非試してみて下さい。

心理セミナー情報

ジョイカウンセリングスクールは、岡山市で心理セミナーを開催してます。

世界的に使われている心理学や心理療法、カウンセリングスキルを少人数制で学んで頂けます。

講座の詳細を見てみる

講座受講生の様子

-アロマ
-