岡山実践心理ブログ

カウンセリング・心理学等の役立つ情報、スクールの様子をお届けします

夢の中で会ったことのない人の名前が出てきたときの夢分析

 2012年12月5日  

 皆さんは、夢の中に会ったことのない人の名前が出てきたことはありますか?

 先日私の夢に出てきたのが、「湯太原さん」という方。
 夢の内容を少し紹介させて頂くと、私が事務仕事をしていた夢。湯太原さんから手紙付きの住所変更をしっかりと読まずに作業で処理してしまいクレームになる。(湯太原さんは特別の何かの扱いになっていて、私はそれを知らなかった。手紙を読んでいればわかった)
 1部屋10人くらいでそれぞれ布団に入って休んでいると、私にそれを知らされる。朝7時20分くらいで少し暑く、起きようと思っている。

 という夢でした。この夢を分析するときに鍵となるのは、もちろん「湯太原」さん。でも会ったこともない人の名前がなぜ出てきたのか。

 夢分析では、特に夢の中で印象に残ったことこと(今回の場合は「湯田原さん」)から連想をしていくと、自分の無意識があぶりだされてきます。

 湯、太、原、から連想することは、ゆったり、のんびり。何も気にせず過ごす、精神的なリラックス。そのイメージの湯太原さんが住所変更をして、手紙を夢の中で付けてくれている。それを無視してクレームになっている・・・。
 先の不安や焦りがあるとなかなか精神的なリラックスは作りにくい時があります。特に日本は「みんな一緒で」という意識が強い文化でもあり、社会的な評価などが気になると、自分は本当はどうしていたいのか、どう思っているのか等の

「自分の素」

が見えにくくなるときもあります。精神的なリラックスを感じたときに出てくる自分の素の思いや気持ちは、いつも大切にしていたいと思います。

-夢分析