新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)による休講のお知らせ

【情報更新日:2020年5月25日】

当スクールの講座は少人数制ではございますが、安全面を考慮し以下の日程を休講とさせて頂きます。

実践心理カウンセリング講座

2020年5月末日まで休講。6月より再開致します。

その他の再開について

心理カウンセリングは、2020年5月7日より対面でも実施、
傾聴トレーニングは、2020年5月16日より時間を短縮して対面で実施致します。

コロナウィルスの捉え方について

↓のアメリカの医師2人の記者会見の内容に同意しています。
http://hokuonow.com/2020/04/27/corona-sweden-dr-erickson/

ウィルス性の呼吸器感染症の臨床医として、40年の経験がある医師の記者会見の内容がまとめられています。内容を端的にまとめると

  • 新型コロナウィルスの広がりは、予想以上に早かったが、致死率は予想以上に低かった。
  • 死因がコロナと言われていても、実際には死因は合併症(肺気腫、腎炎、リウマチ、心臓病、HIVなどの免疫不全)によるもので、コロナだけが死因のケースはない。
  • 隔離というのは、症状のある人にすることであって、健康な人にすることではない。
  • 医学における決定はデータに基づいて行われるべきである。20年も臨床から離れているアカデミック畑の専門家が机上の理論でああしろこうしろと言うのに従うのはどうなのか。
  • 症状がない人は、引きこもらなくてよい。無症状感染していて人に移してしまうことを心配するなら、それはインフルエンザだって同じである。
  • 健康で併存疾患もなく、免疫不全もなく、高齢でもなければ、マスクや手袋の着用も必要はない。それどころかマスクや手袋によって、他の病気から守ってくれる細菌フローラが減少し、免疫力が下がってしまう。

カウンセリング同様、事実に基づいて判断することが大切だと考えています。

東洋経済オンラインのサイトには年代別の罹患者数と、死者数がまとめられています。

2020年5月11日現在、30代以下の感染者数の合計が5,334名で、そのうち亡くなっているのは30代の2人のみ。70代以上になると死亡率が上がり、80代の死亡率は14.8%となっています。

亡くなっている人のほとんどは基礎疾患がある方のため、基礎疾患のある方と、死亡率が上がる70代以上の方は外出を自粛すべきだと考えます。

同医師の記者会見詳細では、そのうちコロナもインフルエンザのように扱われるとありますが、同意です。

そのうちこの病気はインフルエンザのように扱われるようになるでしょう。

あなたがインフルエンザになって熱があって体に痛みを感じたら、家で休みますよね。
そして咳が出たり息切れがしたら━コロナは呼吸器に問題を起こしやすい病気です━やっぱり家で休めばいいのです。

コロナ検査は受けなければならないものではありません。あなたがインフルエンザになったとき検査を受けるとは限らないでしょう?
私の診察だって、「はい、インフルエンザの疑いですね。薬を処方しましょう」、それで終わりです。
「コロナの疑いですね、家で安静にして治るのを待ちましょう。」そうなると思います。

私自身始めはスーパーでの買い物に使用したクレジットカードも、帰宅後アルコール消毒するような生活をしていましたが、今は外出後は手洗いに留意しているくらいで、ほぼ平常時同様に生活してます。(接客を伴う飲食関係には、元々行く習慣がありません。)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です