スクール紹介

このページでは、ジョイカウンセリングスクールの特徴、代表プロフィール実績設立の経緯スクール概要を紹介します。

3つの特徴

少人数制コースで、効率的に傾聴力・カウンセリングスキルを習得できます

カウンセリング講座風景傾聴やカウンセリングは、車の運転技術やスポーツと同じような「スキル」ですので、実際にやってみないことには身に付きません。

そのため、当スクールのトレーニングコースは、参加者の方ご自身がトレーニングの中で行うロールプレイ(傾聴やカウンセリングの練習)の時間をしっかりと取っています。他の方のトレーニングの様子を見るのも参考になりますが、スキルを身に付けるために1番効率的なのは、カウンセリングでの聴き方をより多くやってみることです。

そしてその様子をプロカウンセラーであるトレーナーが終始見て、スキル向上のための具体的な改善点をお伝えします。大人数のトレーニングでは、どうしてもトレーナーが参加者の様子を見切れないため、トレーニングコースは最大催行人数4~6名と少人数制を徹底しています。

特に60分の心理カウンセリングが出来るようになるためには、60分のカウンセリングロールプレイ(練習)をやってみることが絶対に欠かせません。アートセラピートレーニングコースではそれを行い、聴くだけではない問題解決に繋がるカウンセリングスキルを習得します。

ジョイカウンセリングスクールでは、一生使える傾聴力・コミュニケーション力、問題解決につながるカウンセリングスキルを身に付けることが出来ます。

わかりやすく、実践的に使える・役立てる心理学、カウンセリングを学べます

心理学、心理カウンセリングの本を読まれた方の中に、わかりにくいというイメージを持たれた方もおられるのではないでしょうか。ジョイカウンセリングスクールでは、10年以上の経験のある現役の心理カウンセラーである講師が、世界的に使われているオーソドックスな心理学、心理療法、カウンセリングスキルをわかりやすく、心に残るよう、実践的に使えるように提供します。

講師との距離が近く、受講から修了までトータルな観点でサポートします

ジョイカウンセリングスクールの欠点は、正直なところ小さなスクールだということです。小さなスクールである分、入学から修了まで受講生の方、個人個人の状態をふまえつつ丁寧にサポートさせていただきたいと考えています。

心理学、心理カウンセリングに関する講座ですので、受講中などに自分自身の解決したい心の問題が浮かんでくるのはごくごく自然なことです。そんなときは講座担当者に個別カウンセリングを申し込んでいただくことも可能です。講師は講座毎に変わらず、統一されています。トータルな観点であなたを応援します。

代表・講師プロフィール

ジョイカウンセリングスクール代表顔写真井上 隆裕 (いのうえ たかひろ)

  • 心理カウンセラー
  • 岡山唯一のカウンセリングトレーナー
  • ジョイカウンセリングスクール代表

1976年生まれ。岡山県美作市出身、岡山市在住。

国際メンターシップ協会エグゼクティブメンター、JAA日本アロマコーディネーター協会認定アロマコーディネーター資格を所持。

生きにくさがある方、心の悩みを抱えている人の役に立ちたい方に向けて、カウンセリングスキル(自分で自分を幸せにしていく術)を高める専門家。カウンセリング講座、傾聴・カウンセリングスキル習得トレーニング、心理カウンセリングを行っている。

カウンセリングを知る前は、「自分や他人を認めてはいけない」という思いが無意識のうちにあり、「今のままの自分ではダメだ」という不安感や、漠然とした焦燥感が強く、それがきっかけでカウンセリングを知る。

カウンセリングでそこが劇的に変わった事がきっかけで、カウンセラーを志す。大阪市内の民間のカウンセラー養成機関にて、学び始めてから約2年後(2004年)より主に同スクールでプロとして活動。

自分自身がカウンセリングトレーニングを受けている際、手足がしびれる過呼吸を発症。それを克服していく過程で、カウンセリングスキルを身に付けることは、同時に自分自身が今までの環境や体験で無意識の内に身に付けてきた「生きにくさを生み出している心のクセ」の改善に繋がることを実感する。

過去約650人の講座受講生をサポート。カウンセラー研修生に対する傾聴トレーニングでは、1100時間以上の傾聴ロールプレイを見て助言し、約200人の傾聴が出来るカウンセラー養成にかかわる。講座・カウンセリングトレーニングでは、わかりやすく、自身の課題が明確になりステップアップ出来ると支持を得る。

個人カウンセリングでは、悩みの根本を見つけることができ、新しい生き方に繋がったという声を多数頂く。

心の悩みを抱えている人の役に立ちたい方が、カウンセリングを通して自分で自分を幸せにしていく術、心の問題解決能力を高めることで、その方自身や、その方の身近な人が「生きている喜び -Joy- 」を感じられるようにという思いで活動している。


裏プロフィールはこちら
私がプロの心理カウンセラーになるまでにやった7つの事

実績

ジョイカウンセリングスクール実績第一ゼミ予備校大阪府の岸和田校、寝屋川校、和歌山校3校にて、ワークショップや会話を通して生徒の不安やプレッシャーをクリアにし、自分で考え自分で決めていく「自立」を目的としたメンタリングを実施。

テクノホルティ園芸専門学校において、「将来目標設定」、「コミュニケーション」、「自己探求」をテーマに授業を行う。

厚生労働省所管 独立行政法人雇用能力開発機構 緊急人材育成支援事業 基金訓練実践演習コースにて、コミュニケーション部門の講座を担当。求職者に対して、コミュニケーションや、ストレスケアなどについての講座を行う。

震災の影響で、岡山へ移住された方への無料カウンセリングを継続実施している。

スクール設立の経緯

私が心理カウンセリングを初めて知ったのは、20代前半のとき。当時の私は安定した仕事についていましたが、「このままでよいのだろうか?」という思いが強くありました。

当時は「失敗せずにすむ、全力を出さずにすむ仕事」を無意識のうちに選んでいたように思います。昨日も今日も、1ヶ月前と今日も、毎日がコピーのように同じことの繰り返しのように感じられ、自分の成長がなかなか見えない気がする。

仕事ではとにかく動いて頑張っていましたが、お客さんや社会のためというよりは、職場の人に認めてもらうために頑張っていたところが強くありました。

そのくせ私自身が他人に求める要求は高く、職場の先輩たちのことを心のどこかで認めていませんでした。自分は認めて欲しいけれど、他人の事は認められない。他人を認めるのが苦手なので、いくら頑張っても職場の人から認めてもらえないでいる気がする。そんな日々が続くといつしか「自分はダメな人間なんじゃないか・・・」という思いが頭から離れず、強い不安感や焦燥感がつきまとっていました。

  • 今のままでは自分の先が不安だ・・・
  • 今のままの自分では嫌だ
  • もっと自分を活かせるのではないか?
  • もっと全力を出して自分を伸ばしたい

という思いが湧いていたとき、ある講演会で心理カウンセラーの方に接する機会がありました。それがきっかけでカウンセリングに触れ、気付かないうちに抱えていた「自分や他人を認めてはいけない」という思いが崩れていったんですね。私にとって憑き物が落ちたかのようなとても大きな変化でした。

その心理カウンセラーのような人になりたい!と思いましたが、当時は岡山市にスクールがなかったため、住んでいた岡山市から大阪に引っ越しです。

大阪のカウンセラー養成スクールに通い、そこで実践的な心理学、心理カウンセリングを学びました。1年半(約500時間)の現場研修を踏み、2004年からプロとして活動。途中プロになるまで何度も道を諦めようと思いましたが、止めなかった一番の理由は「自分の力を使わずにすむ単調な毎日に戻るのがとにかく嫌だった」ということ。

私の場合は、自分の思ったこと、感じたことを適切に表現せず、やりたいことをやらずに自分を殺したまま生きたくない、自分の力をもっと使いたい、活かしたい、伸ばしたいという思いが原動力だったように思います。だから同じように

  • 自分の力をもっと使いたい
  • 自分をもっと活かしたい
  • 自分で自分を幸せにしていく術を身に付けたい

そんな風に感じておられる方のお役に立ちたいと思い、大好きな地元岡山にジョイカウンセリングスクールを設立しました。

心理学・カウンセリングを通して、自分を活かしたい

と思っておられる方のお役に立てれば幸いです。

スクール概要

【事業者名】 ジョイカウンセリングスクール

【設立】 2013年3月

【代表】 井上 隆裕

【住所】 〒700-0023 岡山県岡山市北区駅前町1-8-1 岡山新光ビル5F サムライスクエア内

【電話番号】 086-206-5125

【事業内容】

  • 心理カウンセリング講座、心理カウンセリングトレーニング研修、傾聴トレーニング研修
  • 個人カウンセリング、電話・スカイプカウンセリング
  • 企業内メンタルヘルス研修・コミュニケーション研修
  • 企業へのカウンセラー出向